脂肪吸引の手法一覧



一口に脂肪吸引とは言ってもいろいろな方法がありますが、その中でも特に気になるのが出血や痛み、また術後の腫れといったいわゆるダウンタイムです。
ダウンタイムは整形手術などでもご存知の方が多いと思いますが、術後に顔が痛々しく腫れてしまったり、ひどい場合はしばらく外出もままならないという場合もあります。



数ある脂肪吸引の中でも、まだ日本でも数少ないのが「ウルトラゼット」という方法です。
このネーミングだけではなかなかどんな施術方法なのかということは想像しにくいかもしれませんが、このウルトラゼットという脂肪吸引法は超音波のエネルギーを利用した方法になります。



確実にサイズダウンすることができるという脂肪吸引。
お腹や足など脂肪が気になる場所はたくさん…ダイエットなどとは違って確実に痩せられるという脂肪吸引には興味があるけど、やっぱり「手術」には不安が残るという方、多いですよね。



脂肪吸引の王道と言っても過言ではない方法、チューメセント方。
ほとんどの脂肪吸引でこのチューメセント法が採用されていますが、いったいどんな方法なのでしょうか?



一般的な脂肪吸引では「チューメセント」とよばれる液体を利用して、吸引する部分の脂肪をふやかすという方法がとられています。
何もしない状態でただ脂肪を吸引するというのは体にとって負担が大きいですし、ゼリー状に固まっている脂肪よりも液体に近いような柔らかい脂肪の方が吸いだしやすいということは容易にわかります。



美容整形クリニックで受けられる施術の多くに「レーザー」を利用したものがあります。
レーザーには多くの種類があり、幅広い周波によって使い分けがされています。
脂肪吸引においてもレーザーを利用していることが多く、特に人気となっているのが「エルコーニアレーザー」という脂肪吸引方法です。



医療は日々進歩し続けていますが、技術面でどんどんリスクの低い方法が開発されていっています。
脂肪吸引ひとつとっても、昔と比べると出血や痛み、腫れが大幅に少なくなっていますし、その方法もバリエーション豊かに。
患者さんのニーズに合わせ

手術の口コミ体験談