体内式超音波

医療は日々進歩し続けていますが、技術面でどんどんリスクの低い方法が開発されていっています。体内式超音波脂肪吸引
脂肪吸引ひとつとっても、昔と比べると出血や痛み、腫れが大幅に少なくなっていますし、その方法もバリエーション豊かに。
患者さんのニーズに合わせた方法を選択することができるようになり、脂肪吸引を取り扱う美容整形クリニックも非常に多くなっていますよね。
 
さて、そんな中でも気になるのが、逆に「リスクの高い脂肪吸引方法」です。
多くの方はリスクの低い脂肪吸引方法を調べたりしますが、そういったことを知るのなら逆にリスクの高い脂肪吸引を知っておくと良いでしょう。
 
そのひとつに「体内式超音波」という方法があります。
これはその名の通り皮膚を切開してから直接脂肪に超音波を当てて脂肪を破壊していくという方法です。ダウンタイムが長いことや、医師の腕次第で火傷をしてしまうこともあり得るリスクの高い方法です。
 
さて、この方法は「体内式」ということですが、逆に「体外式」もあるのでしょうか?
 
その答えは、イエスです。
体外式超音波という脂肪吸引法は、方法も体内式と違っているためリスクを抑えた脂肪吸引方法になっているんです。
 
【参考URL:http://www.biyougeka.com/contents/liposuction/vaser_lipo/
 
体の中へ直接超音波を当てる体内式に対し、体外式は体の外から超音波を当てて脂肪細胞を小さく切り離すというものです。
小さくバラバラになった脂肪の細胞は柔らかくなり、とても吸引しやすい状態になるというわけですね。
 
ちなみにこの超音波ですが、体内式の場合には火傷の心配があるとありましたが、体外式の場合にはほんのりと温かさを感じる程度で済みます。
ですから火傷の心配もありませんし、よりリスクが小さく安全に行うことのできる脂肪吸引方法なんですね。
 
【参考URL:http://www.kyoritsu-biyo.com/shinryou/body/vaser.php

手術の口コミ体験談